豊富な魚の魚っ知館
無料水族館は絶対お得




▼ 近郊スポット ▼
海洋つり場[車5分]
[宮津市]
田井海水浴場[車15分]
[宮津市]
宮津港[車20分]
[宮津市]
鳥喜旅館[車30分]
[宮津市]

宮津市の観光スポット一覧

 丹後魚っ知館(たんごうおっちかん) 24の水槽に丹後の魚が一杯!! ハタ、海亀、サメ等はもちろん、ゴマフアザラシまで、
水族館  宮津市字小田宿野1001 
天気予報  アクセス





■エネルギー展示室
 丹後魚っ知館内には水族館以外にも、エネルギー体験室、エネルギー展示室、3Dシアターがあります。人力発電や風力体験などチャレンジしたり、火力発電・水力発電、風力発電、太陽光発電、波力発電などの仕組みをゲーム感覚で体験できます。もちろん各発電の仕組みを図解でわかりやすく学ぶこともできます。3Dシアターでは、220インチの巨大スクリーンで、エネルギー関連のムービーが上映されます。

■館外にも海の生き物が、、、
 魚っ知館の外には、ゴマフアザラシ、ペンギンが飼育されています。またタッチングプールでは、海の生物にじかに手を触れて生物の観察ができます。撮影日には、タッチングプールは清掃中でしたが、ペンギンくんが幸せな顔をして日光浴しておりましたので、その写真を掲載しておきます。この日は暑かったのですが、暑がりのペンギンくんは暑くはないのだろうか!?と疑問に感じました。
 関西電力・宮津エネルギー研究所内にある丹後魚っ知館。館内の24の水槽では、ローニンアジ、サメ、ハタ、タカアシガニ、カサゴ、スミイカ、タツノオトシゴ、ウツボ、ズワイガニ、エイ、海亀(ウミガメ)などを見ることができます。中央の巨大水槽には、ローニンアジが元気に回遊しておりました。館内は若干暗いのですが、青バックの水槽に色とりどりの丹後の魚が泳いでいる姿はとても印象的でした。これで無料なのですから行かなければ損です(^o^)

魚っ知館・施設概要
■営業時間
 9:00〜17:00
■入場料
 無料
■休館日
 年中無休(但し年末年始のみ休館)

■右手の大きなカニくん発見!!
 小さな水槽に、右手の異常に大きなカニくんを発見しました。何て名前でしたかね!? ちなみに、「キャー見ないで!」をしているわけではありません(^^)

■最近ネットで人気のタカアシガニくん発見!!
 タカアシガニは、大きなものになると、幅数メートルになると聞きましたが、ここにいたのは、1メートルちょっとかな。それでもとても大きいです。体がでかいからか、態度もでかいようでした。顔を近づけてガンを飛ばしても、逆ににらみ返されました(T_T) 最近はネットの産地直送でも購入できるので、今度、ネット通販で購入して食べてやることに決めました(*_-)

■とても怖い顔です!! こいつも態度Lのようです!!
 御馴染みのウツボくんです。怖い顔に輪をかけるような、いやな模様をしております。何って、こいつは目が怖い。個人的にはサメの目より嫌いです。こいつは食べても絶対美味しくないでしょう。

■まともな生物の登場です!!
 海亀くんです。一番大きな水槽の隅で、ハタくんと一緒にボーーーッとしておりました。前にウツボを見たからでしょうか、亀の顔はとても温厚で優しく見えます。亀とハタって仲が良いんですね(^o^) 余談ですが、横のハタくんはとても美味しそうに見えます。が、高くて食べれそうにありません(*_-)

■スミイカはかわいい泳ぎです!!
 スミイカ水槽がありました。胴のヒレをヒラヒラさせて気持ちよく泳ぐ様がとてもかわいいです。スミイカという名前からも、怒らせると大量のスミを吐くことを知っておりましたが、水槽に「触らないで下さい!」と書いてあったのでやめました。ちなみスミイカがとても美味いイカだということも知っております。スミイカは刺身、天ぷらで食べましょう(^o^)

■水槽の中の様子を動画で紹介します!!
 ローニンアジやエイ、サメ、ハタが自由に泳ぐ大水槽の中を動画で撮影しました。ローニンアジを中心に撮影しておりますので、ご興味のある方はご閲覧下さい。

▼ 水槽の様子を動画で確認する ▼
動画の閲覧にはWindowsMediaPlayerなどが必要です
[魚っ知館の近くの宿] 名店館、日本海トラベルより
鳥喜旅館(天橋立・名店館)  茶六別館(宮津市・日本海トラベル)


宮津市の観光スポット一覧へ戻る





その他の宿探し、観光スポット探しは、日本海トラベルへ


写真及び文章等、全ての内容の転載を禁じます。
Copyright (C) 名店館. All Rights Reserved.